部屋探し以外は完全に迷子

部屋探し中だわ…。「あら…、確かお隣に越してきた」これは、確かお隣の。「奇遇ですね。こんな所で何を?」

いえ今、部屋探し中…。「まさか、自宅の場所が分からず、ウロウロ?」う…そんな事は。「滅茶苦茶、それっぽい様子。宜しければご案内を」本当に?助かる!

「やっぱり、自分の部屋探し中」まだ慣れておらず…。「やや広い為、仕方ないわ」そう仰ってくれると…。

「早く一人で帰れないと、後々不便よ?」むむ…仰る通りだわ。「けどまあ、最初だから大丈夫!」有難う。にしても…、ここ広過ぎません?

マンションの割に、無駄スペースが多く、どーも迷っちゃう。「そりゃ迷路を意識、造られてるから」マジ?何故そういう事に…。

「そりゃ…大家さんの趣味?よく分らんけど、住人以外、部屋探しに来る人は大抵挫折するわ」当たり前だと思う。

「慣れれば楽になりますよ?」子供が一人、この建物から出れず、困ってるのに…慣れとは…。「頑張り。一年もすれば…」